fbpx

卒業生・在校生の声 - 安宅亜衣さん -Voice

ホリスティックケアプロフェッショナルスクールの 卒業生・在校生の声

HCPSで学ぼうと思ったきっかけ

看護師になり大学病院で働きだしてから、心身ともに辛い時期がありました。その時にたまたま出会ったアロマトリートメントで心も体も元気を取り戻しました。自分が元気になった経験から、これは患者さんへのケアに取り入れたらとても良いのではないかと思い、アロマセラピーを学び始め、そして病院で取り入れて実践している人はいないかと検索していました。書店で出会った「臨床アロマセラピストになる」という相原由花先生の本。私のやりたいケアの形がここにあると感動しながら読みました。当時は看護師の仕事で精一杯で神戸まで通い両立できる自信がなかったのですが、数年後、病院を辞めたタイミングで東京校もでき、念願かなって入校することができました。

スクールで学んだこと

基礎医学をもう一度深く勉強することができ、とても身になりました。授業で習ったことやホームワークで調べたことは今でも見返してアロマの現場で役立っています。先生から聴ける臨床のお話も、現場の生の声が聴けてとても参考になりました。
実技の授業も丁寧に指導していただき、アシスタントの先生方も来て下さるのでしっかり見ていただけて、心配なところはすぐに先生に教えてもらえました。

アロマを勉強して良かったこと

 「気持ち良かった~」「いい香り~」と施術後はクライアントの全然違う表情を見ることができます。心も体も本当にほぐれたのだなと思うと嬉しくなります。あの表情がみな本来の姿なのだと思います。
生活の中でも、医療の中でも、クライアントに心地よく過ごせる時間を持ってもらえる、自分自身に帰ることができる、そして心も体も楽にできることがアロマを勉強して本当に良かったと思います。

今後の夢

今は八ヶ岳(山梨県)に移住し、「統合医療研究所八ヶ岳Lab.」という統合医療を受けられる施設でアロマトリートメントを提供しています。当施設は、アロマトリートメントの他に鍼灸やヨーガ療法、太極拳、運動療法などの補完代替療法が受けられます。クライアント一人一人に合った療法を組み合わせて受けることができます。セラピスト同士でカンファレンスを行い、一人一人に最善のケアを提供できるように使命感と責任感をもって従事する日々です。
訪問の仕事もしていたことがあり、健康寿命を延ばすということの大切さも感じています。また、ストレスを感じやすい社会の中で心の問題もあります。関わる全ての人たちが穏やかに、本来の自分に戻り、そして健康の維持増進に貢献できるようアロマの力を借りて努力していきたいです。

統合医療研究所八ヶ岳Lab.
http://www.yatsugatake-outlet.com/shop.php?id=491

安宅 亜衣さん

HCPS認定プロフェッショナルアロマセラピスト
看護師

メッセージ

HCPSで学んで「アロマセラピスト」という新しい自分の道が開けました。看護師時代の経験があってこそ、ここにいま辿り着いていると思います。「学びたいな」と思うときがはじめ時です。迷ったり、不安に思って殻に閉じこもってしまったりしているうちにどんどん時間は過ぎてしまいます。一度スクール説明会や授業見学に足を運んでみて、自分の気持ちを確かめるところからでもいいと思います。一歩前に踏み出してみてください!

資料請求・説明会予約受付中! request for documents

ホリスティックケアプロフェッショナルスクールへの
お問い合わせ・資料請求・学校説明会・体験入学はお気軽にお問い合わせください。