これまで500名以上の先輩方が、皆さんと同じように悩み、迷いながらも、しっかりご自身の想いと向き合いながら、臨床アロマセラピストになることをめざし、相原学院長のもとで学ばれてきました。ご参考くださいね。わたし自身も、当校の卒業生です。
アロマを学んで本当によかったと、心から思っています。あなたにとってよい選択になることを、講師一同、願っています。


 
入学には、アロマ資格や看護経験がないと、だめですか?年齢制限がありますか?
入学資格は一切問いません。アロマを通じたケアに興味があり、ご自身を高めたい、誰かの役に立ちたいと願うすべての方を、歓迎しています。受講者の年齢は20代前半〜50代後半まで、看護師・現役アロマセラピストをはじめ、まったくの初心者・一般会社員・大学院生・主婦など、本当に幅広い生活をされる方が、ひとつのクラスに集まってともに学んでいきます。
※アロママッサージ実技講義を実施するため、女性に限定させていただいています。
入学するには、学力を問う試験がありますか?
入学試験はありません。どなたにも臨床アロマを学べるチャンスがあります。学ばれたいこと・目的を、わたくしや、主任講師・先輩アロマセラピストとじっくりご相談ください。 入学に際しては、小論文を、入校手続き前に提出いただきます。学びたい!とお考えになる思いや内容と、当校の理念やカリキュラムがマッチしているかどうかがとても大切なので、「どうして臨床アロマセラピストを目指したいか」の想いをまとめていただきたいと思っています。相原学院長をはじめ、講師一同であなたの思いをしっかり受け止めてから、お返事させていただき、そのあと、入校申込書を受付させていただいています。あなたの想いが、当校の理念「すべては患者さまのために」と一致していたら、ぜひいっしょに学びましょう。たくさんの患者さんが、あなたのアロマを待っていらっしゃいます。
入学時期は、4月だけですか?それまで待たないといけませんか?
HPSでは、いつからでもすぐ勉強をスタートできます。入校後すぐ、入校への思いをまとめる小論文・受講に備えた予習課題(解剖生理学・精油学・おもてなし)・主任講師によるミニセミナーもご用意しています。脳が「できない理由」を探しはじめてしまうまえに、あたなの心が求める「学びのチャンス」を捕まえてくださいね。
在学中に、試験はありますか? むずかしいですか?
入学後5か月目〜を目安に、中間試験を行い、理解度をはかります。最終月には、HPSプロフェッショナルアロマセラピスト認定試験(基礎医学・精油学・アロマ実技の3教科)をおこないます。高いレベルで評価していきますが、しっかりと指導していきますので、ご安心ください。プロとして、これからの活動で自信を持ってレベルを表現していかれたい方は、ぜひチャレンジしてください。
欠席したら、卒業できませんか? 振替受講はできますか?
8割の出席をもって「修了証」を発行します。欠席により、認定試験を減点することはありません。1年を通して受講日は決まっているので、ご予定を立てていきやすいと思います。どうしてもお休みになってしまう場合のために、毎回、デジタルビデオカメラによる講義撮影をおこなっていますので、後日視聴することができます。カリキュラムに遅れず、しっかりついていくことができますので、安心してください(ですが、できるだけ出席されることをおすすめしています!)。
学校行事には、どのようなものがありますか?
入校後3か月目〜、コミュニケーションの講義後に、その科目の選任講師をまじえた「クラス懇親会」があります。クラスメイトをはじめ、講師とも親睦を深めてくださいね(自由参加・2回有)。
5か月目〜には「中間試験」、12ヶ月目には「認定試験」があり、認定試験の1〜2週間内に「卒業式」を開催します。2年目カリキュラムとなる「臨床アロマセラピスト認定:クリニカルコース」には、毎年10月「進級試験」があります(進級希望者のみ)。講義だけでなく、休憩時間や放課後の交流・宿題の答え合わせなど(笑) 
1年間の学びは盛りだくさんです。忘れられない1年間にしましょう!
アロマ資格者/看護師(医療者)です。受講が免除される科目はありますか?
わたしたちの考える「プロフェッショナルなアロマセラピスト」は、クライアントと全人的(ホリスティック)に向き合い、病名・症状だけではなく、その方ご自身とのかかわりも大切にします。
有資格者・経験者の皆さんが重ねてこられた学びや臨床経験は、とても貴重なものです。そして、領域や年数、その方自身の考え方によって、基礎医学・精油学・アロママッサージ技術などの水準はとてもさまざまで、わたしたちはそれを判断することがとても難しいと感じています。
そして、単に解剖生理学、単に精油を学ぶということではなく、すべてのカリキュラムを通して「同じ哲学」を持って、臨床アロマセラピストとして、患者さまのお役に立っていきたい。そうした想いから、すべての方に同じスタートを切り、1年間の成長を得ていただきたいと考えています。
これまで多くの看護師・言語聴覚士・鍼灸師・臨床心理士・国内/海外の各種アロマ団体所属の有資格者が、HPSで学びました。どの経験者の方も「思っていた以上に発見が多く、いちから学び直して本当によかった」と、卒業後も、さらの自信を持って活動されています。
支払方法は、一括のみですか?カード支払・分割支払はできませんか?
当校への御入金は、銀行振込による一括支払で、承っています。完全クラス制・現役医師の講義確保のため、なにとぞご協力をいただけるとさいわいです。
当校はカリキュラムの品質を評価いただき「日本政策金融公庫(財務省管轄・略称“日本公庫”)」の学資支援認定校に選ばれています。日本公庫は、一般的な教育ローン(金利4〜6%)にくらべ、国が格安(金利3%以下・変動があるのでご確認ください)で融資してくれるたいへん良心的な制度です。一括で融資を受け、受講開始後、日本公庫へ月々返済していかれることになるので、形式としては、いわゆる分割払いとまったく同じです。必要な方は、窓口へご相談になってみるのもよいと思います。(ちなみに、わたくし自身も、現役時代、この制度に力を借りて、当校を卒業しました。手続きにも詳しいので、遠慮なくご相談ください)
教材は、どのようなものですか?精油のブランドは決まっていますか?
テキストは、原則として市販のものは使いません。毎年、各科目の専任講師・現役医師・が、最新情報をもりこんだレジュメを用意しますので、ライブ講義で聞き取った、患者さんとのエピソード、それを聞いたあなたの思い・深く調べたい興味点・質問したい不明点などをたくさん書き込んで、自分だけの大切なテキストを作り上げていきます。
基礎医学・精油学の参考図書は、優良なものを講師が選定していますので、予習課題開始とともにご紹介します。(学校見学・説明会にご来場の方には、卒業生が実際に作り上げたテキストをご覧いただけますよ)教材用の精油は、メーカーを限定せず、その時にもっともよい品質の、安全な製品を厳選しています。
卒業生は、どのような活動をしていますか?
それまでのキャリア、現職、いだいてこられた夢をふまえて、本当にさまざまな分野で活動されています。
医療機関・施設でのアロマを実践している方。自宅開業で、地域の患者さんを救っておられる方。勤務している病棟でアロマを実施している看護師。現職とダブルワークで、アロマセラピストとしてのプロの活動をされる会社員。有名放送局が主宰するカルチャースクールでのアロマ講師。社内のメンタルヘルスを担当し、アロマを活用する管理職。ホテルスパ・サロンでのアロマセラピスト勤務(ずっと勤務をされるというより「より自分らしい、ホリスティックなケアを提供したい」と多くの方が独立開業していかれます)。
もちろん、当校の直営する臨床アロマケアルームLife touchで活躍しているアロマセラピストも、当校講師も、すべてHPSの卒業生です。アロマ学会での研究発表をする方・自宅での教室開講をはじめ、公立高校・大学・商工会議所など、公的な場所での講義を行う方が多いことも、当校卒業生の特徴です(2年目カリキュラムでは、研究法・教授法を学びます)。
よくある、スクール受講を終えたらすぐ、決められたあっせん先で、型通りの作業ようなアロママッサージをするのではなく、自分だけのケアをクライアントさんへ提供していくことを、サポートしていきます。
スクールの学びを経て、どのような場所でも、患者さま・ご家族・医療者をはじめ、さまざまな方のお役にたつ仕事をすることができる能力を身に着けたあとは、形にとらわれず、実践を継続すること。チャンスを逃さないこと。ひとりでかかえこまず、適切なタイミングで、スクールや先輩アロマセラピストへ相談し続けていくことが、とても大切です。
スクールは、卒業後もずっと皆さんを見守っています。卒業や就職はゴールではありません。アロマセラピストは、経験を経るほどに価値の高まる、誰にも取りかえのできない、あなただけの仕事です。さまざまな可能性に挑戦して、いっしょにがんばりましょう!

 

卒業生・在校生へのお知らせ
HPS直営のアロマケアルームLife touch(ライフタッチ)は医療機関に隣接し、臨床アロマセラピーを実施します
 
心療内科・不妊治療・リハビリ
呼吸器・老人保健施設
 
千里中央病院
大久保病院サブステーション 
 
訪問アロマセラピーのご相談
承ります。
 
社員の皆様のストレスケアの
お手伝いを致します。
 
相原由花のBlog:臨床アロマセラピストになる
 
神戸本校
〒651-0085 神戸市中央区八幡通4-2-13
フラワーロード青山ビル5F
名古屋校
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-7-9
チサン丸の内第2ビル4F
東京校
〒162-0824
東京都新宿区揚場町2-14 新陽ビル4階