アドバンス講座 ”Mテクニック®プラクティショナーコース”Course Curriculum

ホリスティックケアプロフェッショナルスクール
コースカリキュラム紹介

RJB認定 Mテクニック®

Mテクニックとは?

赤ちゃんから高齢者まで、また重篤な疾患の方に対しても、どなたにでも使うことができるやさしいタッチケアの手法です。
皮膚感覚を通して、脳へ心地よい感覚刺激を与えることで、ストレスを軽減し、心身によい影響を及ぼすことを目的としており、恐れ・不安・悲しみ・怒り・慢性的な痛み・慢性疲労・抑うつ状態・頭痛・不眠などの状態を改善する効果があるため、海外でも多くの病院やホスピスで患者様や家族のために使われている方法です。
肌に直接触れて行うこと、また衣類の上からでも行うことができます。
また、アロマオイルなどを使用しても、あるいはオイルなどを何も使用しなくても行う事ができ、さまざまな状況で、すぐに実践でき、短時間の施術でも効果が期待できます。
この手法はアメリカの「ホリスティックセラピスト同盟(Federation of Holistic therapists」や「代替療法家連盟(Complementary Therapists Association)」の認定カリキュラムの中の単位としても組み込まれており、安全で効果的なテクニックとして認められています。
「触れる」ということは、コミュニケーションの基本的なかたち。
医療現場、さまざまなケアの現場では特に、それを必要としている方がたくさんいます。Mテクニックを学ぶことによって、みなさんの「手」で、癒しを届けてください。

Mテクニックの誕生

ジェーンバックル博士は1960年代に看護師となり、集中治療室での勤務を専門としていました。彼女の看ている患者は、重篤な状態で、チューブがつながれており、話すことができない人たちが多くいました。そこで彼女はなんとか患者達とコミュニケーションをとりたいと考え、「触れること」がその方法であると感じました。彼女はマッサージを学びましたが、その方法のほとんどは集中治療の現場では適切ではないことが分かりました。
そうして、ゆっくりとした動きのやさしいタッチケアの方法を考案し、どのような状態の患者にも適用できるものを作り出しました。Mテクニックの誕生です。

ジェーンバックル博士

Mテクニック®およびR.J.Buckle Associatesの創始者
『クリニカル・アロマテラピー』(フレグランスジャーナル社)の著者
臨床アロマセラピーの第一人者として世界的に著名な実践・研究者であり、米国・英国を中心に活動。
米国では、看護師と医師のための臨床アロマセラピスト認定コースを作り、全米25州で多くの医療者に臨床アロマセラピーを教育する。
英国では2005年から2009年までThames Valley University(London)で主任教員を務め補完代替医療について教鞭をとる。

2015年 AIA(Allianoe of International Aromatherapists)協会において特別功労賞
2016年 著書「クリニカルアロマテラピー第3版」が全米植物協議会の植物関連書籍賞の最優秀賞

Mテクニックの歴史
1994年 ジェーンバックル博士によって考案、臨床現場で実践される。
1998年 全米特許商標局に登録
1999年 アメリカの大学・看護大学・マッサージスクール・病院などで教えられ、病院・ホスピス・高齢者施設で使われる。
2001年 ミネソタ大学において看護学の単位として教えられる。
2004年 イギリスで初めてMテクニックのコースが開催、以降10名の認定インストラクターによって指導されている。
2007年 オランダでMテクニックのコース開催。現在6名の認定インストラクターにより指導。
その他、南アフリカ、韓国・オーストラリア・香港でもMテクニックのコース開催。
2010年 日本でジェーンバックル博士によるハンド&フットコース開催
2011年 日本で初めてプラクティショナー認定コースが開始
2012年 日本で初めてインストラクター認定コースが開始
Mテクニック®コースについて

Mテクニック®の実践において、心身の仕組みを理解し、適切に使うことが必要です。
そのため、Mテクニック®プラクティショナー認定取得には、解剖生理学を学んでいることが条件となります。
解剖生理学を学んでいるとみなされる方
1)医師・看護師・准看護師・保健師・歯科医師・理学療法士などの国家資格を持っている方
2)ホリスティックケアプロフェッショナルスクールのプロフェッショナルスクールアロマセラピストコースを修了された方
3)他のアロマセラピースクールなどで、基礎医学、解剖生理学を30時間以上学んでいる方

証書

認定のカリキュラムと課題を修了すると、R.J.Buckle Associatesより認定証が発行されます。

インストラクター紹介

・柴田由紀子(兵庫県神戸市)
・白木真理(愛知県春日井市)  ・十時奈々(岡山県美作市)   ・中山純子(徳島県徳島市)
・金川圭美(兵庫県高砂市)   ・藤田佳代(東京都港区)    ・池辺雅代(神奈川県鎌倉市)

Mテクニック®Practitioner養成コース

フルボディのMテクニックを学び、プラクティショナーの認定取得を目指す2日間のコース

〇 1日目
Mテクニック®の概要 各パーツの実技(手・足・顔・頭部・首・肩・脚部・腕・背中・腹部)
〇 2日目
手技の復習 フルボディの実践、患者の体位に応じた実践について、復習テキスト(筆記)

資格取得条件 ・認定取得後には、受講者終了後のレポートの提出を必要とします。
・課題の認定後、R.J.Buckle Associatesより認定証が発行されます。

費用 ・受講料:60,000円(+税4,800円 計64,800円)
・練習用DVD:5,000円(+税 400円 計5,400円)
※DVDは任意で購入いただきますが、資格認定を希望される場合は必要です。
※お支払いは申し込み後1週間以内に、一括で承ります。お支払い後のキャンセルはいたしかねます。

こんな方におすすめの講座です 安全で効果の高いタッチングを提供したい医療者(看護師など) 臨床で活動をしているアロマセラピストなど

Mテクニック®Instructor養成コース

Mテクニック®の各コースを開催し指導することができるインストラクターを取得するための1日コースです。Mテクニック®について、インストラクターとしての活動について各パーツの手技の復習、フルボディの実践及び指導の実践とその評価

資格取得条件 ・RJB認定Mテクニック®Practitioner
・講義内では、実践状況をふまえたMテクニック実施及び指導スキルを審査されます。

費用 ・受講料:70,000円(+税5,600円 計75,600円)

※お支払いは申し込み後1週間以内に、一括で承ります。
こんな方におすすめの講座です Mテクニックをご自身で施術するだけでなく、指導をしたり講座を開催したいとお考えの方

Mテクニック ハンド&フットコース

手と足のMテクニック®を学んでいただく4時間のコースです。
解剖生理学を学んでいない方でも受講いただけます。
Mテクニック®についての説明、実技(手、足)

資格取得条件 ・どなたでもご受講いただけます。
・コース受講後、R.JBuckle Associatesより修了証が発行されます。

費用 ・受講料:30,000円(+税2,400円 計32,400円)
・DVD:5,000円(+税 400円 計5,400円)
※DVDは任意で購入ください。
※お支払いは申し込み後1週間以内に、一括で承ります。
 お支払い後のキャンセルはいたしかねます。

こんな方におすすめの講座です 解剖生理学を学んでいないが、Mテクニック®を学びたい方、介護・福祉関係の方、ご家族や身近な方をケアしたい方

各地のインストラクターによる開催 : ★印
ホリスティックケアプロフェッショナルスクールによる開催 : ☆印

資料請求・説明会予約受付中! request for documents

ホリスティックケアプロフェッショナルスクールへの
お問い合わせ・資料請求・学校説明会・体験入学はお気軽にお問い合わせください。