カリキュラム詳細

◆独立可能・ホリスティックな関わりを学ぶ【プロコース(1年目)】 神戸本校&名古屋校
※12ヶ月目は認定試験 ※独立支援セミナー、アロマクラフトセミナー等別途開催(希望者のみ)
【事前学習】集合教育を受講する前に『予習課題』に取組むことから、HPSカリキュラムがはじまります。(郵送提出・担当講師による個別添削あり。受講と並行も可)
目的:基本的な用語・人体の器官・主な疾患名と病態を知り、心身の関係性についてイメージを持つ。専門講師の講義をより効率よく理解し、身に着けていく勉強方法をトレーニングする。
事前学習
基礎医学(1) 人体を構成する器官を知る 精油学(1) 精油の歴史を調べる
基礎医学(2) 人体の基本的な機能を理解する 精油学(2) アロマセラピー体験レポート
基礎医学(3) 各種図示ができるようになる
精油学(3) 精油の基礎知識・化学
基礎医学(4) ホルモン・神経系・主な疾患
 
基礎医学(5) 皮膚・循環器・ストレスの影響  
基礎医学(6) 生活習慣病・代替医療の基礎知識
 
【集合学習】月2日(16時間)の集中講義で、現役医師・看護師・臨床アロマセラピストから徹底的に学びます。(ホームワーク郵送提出、添削指導に沿って理解を深めます)※認定取得:30症例実施
土曜日
  午前(4H) 午後(4H)
1 ホリスティックセラピスト概論、
アロマセラピー概論
精油学:概論、化学
2 解剖生理:細胞、組織、血液
精油学:各論(1) 葉部精油について
3 解剖生理:生殖器系(婦人科医担当)
アロマ実技:腰部、圧のチェック
4 コンサルテーション(1) 相手の話を聴く 解剖生理:呼吸器系・泌尿器
5 解剖生理:消化器系
解剖生理:神経系
6 中間試験(アロマ実技)
精油学:各論(3)樹木精油について
7 健康心理学(ワークあり)
アロマ実技:頭部、デコルテ
8 精油学:各論(5) 樹脂、根部精油について
解剖生理:内分泌系
9 栄養と食事
吸収経路、クライアントへの説明
心身医学:各論(1)
神経、呼吸器、循環器系の心身症
10 コンサルテーション(2) 心身状態を理解する
解剖生理:リンパと免疫
11 妊産婦、子ども、高齢者
がん患者へのアロマセラピー
ケーススタディ
(コンサル~ブレンド~ケア計画まで)
日曜日
  午前(4H) 午後(4H)
1 ホリスティック医学概論 精油学:概論、化学
2 解剖生理:骨格系・筋系
精油学:各論(1) 葉部精油について
3 解剖生理:皮膚と感覚器
アロマ実技:腰部、圧のチェック
4 精油学:各論(2) 柑橘系精油について 解剖生理:呼吸器系・泌尿器
5 行動医学とバイオフィードバック(ワークあり)
解剖生理:神経系
6 心身医学:総論 心身症のメカニズム
精油学:各論(3)樹木精油について
7 精油学:各論(4) 花部精油について
アロマ実技:頭部、デコルテ
8 精油学:危険性と対処法
解剖生理:内分泌系
9 心身医学:各論(2) 
消化器、内分泌、免疫の心身症
心身医学:各論(1)
神経、呼吸器、循環器系の心身症
10 接遇(お迎えからお見送りまで)
解剖生理:リンパと免疫
11 卒業後の活動(リーダーシップ論、ボランティア心得) ケーススタディ
(コンサル~ブレンド~ケア計画まで)
◆臨床アロマセラピストを目指す【クリニカルコース(2年目)】 神戸本校のみ
※12ヶ月目は認定試験
集合学習だけでなく、症例実施・課題図書・病院実習・ボランティア実習・症例検討会(任意)外部講演アシスタントの活動(任意)を通じ、実践力を高めていきます。※認定取得:50症例実施
土曜日
  午前(4H) 午後(4H)
1 臨床アロマセラピー概論 コンサルテーション(1)
2 自然科学概論
植物形態学
3 臨床アロマセラピストのための精油化学(1)
臨床アロマセラピストのための精油化学(2)
4 臨床アロマセラピストのための精油学(2) 緩和ケアとアロマセラピー
5 産婦人科でのアロマセラピー
臨床アロマセラピストのための精油学(3)
6 感染リスク軽減のためのアロマセラピー(1)
循環器・内分泌系疾患のためのアロマセラピー
7 疼痛・炎症に対するアロマセラピー(1)
疼痛・炎症に対するアロマセラピー(2)
8 消化器症状に対するアロマセラピー(1)
消化器症状に対するアロマセラピー(2)
9 入院患者が抱えるストレス軽減のための
アロマセラピー(1)
入院患者が抱えるストレス軽減のための
アロマセラピー(2)
10 リンパドレナージ
カンファレンス
11 グリーフケア 心療内科(2)、コンサルテーション(2)
日曜日
  午前(4H) 午後(4H)
1 心療内科(1) 教授法(1)「話し方」
2 臨床アロマセラピストのための精油学(1)
臨床アロマセラピストのためのアロマ実技
3 臨床アロマセラピストのための細菌学
精油抽出実験
4 ナラティブ メディカルアロマセラピー
5 ケーススタディ(1)
精神科でのアロマセラピー
6 教授法(2)「組み立て」
非言語コミュニケーション
アロマセラピストに必要な法律
7 がんとアロマセラピー
発達障害について
8 訪問看護におけるアロマセラピー
研究法
9 高齢者へのアロマセラピー ケアリング
10 バイオフィードバック
教授法(3)「実践」
11 ケーススタディ(2) コンサルテーション(3)
※内容,実施順は変更することがあります