臨床アロマセラピーとはClinical Aromatherapy

今、求められる「人を癒やす力」 臨床アロマセラピーとは

臨床アロマセラピーとは

臨床アロマセラピーは、植物の香りやアロママッサージによるリラクセーションツールとしてだけでなく、患者様が抱える苦痛を緩和するために実践されている補完代替療法のひとつです。

緩和ケア科・リハビリテーション科・精神科・産婦人科など、幅広い領域で実践可能な援助法であり、患者様の心身のケアに役立てていける欧米では最もポピュラーな補完代替療法です。

しかし一般的なアロマ知識だけで患者様へ提供していくことは、心配が伴います。

精油をどのようにブレンドするかも重要ですが、重篤な病いを抱えている患者様に対してアロマセラピーができるかどうか、体位をどのようにするのか、圧は?スピードは?部位は?時間は?と様々な工夫が必要となります。

患者様の病状や心理的状態を評価し、最も適切で最も良い方法をつくりだす実践力が問われるのです。

さらに医師や患者様、家族と、良質なコミュニケーションがはかれる能力も大切となります。

臨床アロマセラピスト®養成コースは、臨床アロマセラピスト®になるためのすべてのカリキュラムが含まれています。

病態生理学や様々な心身の症状に合わせた精油の使い方、アロマセラピーマッサージの仕方等を学びます。
病院実習などを通して、患者様の病状の変化にともなったアロマセラピーの方法を工夫していくことができる実践力を身に付け、患者様と共にある自分の存在を高める努力をしていきます。

資料請求・説明会予約受付中! request for documents

ホリスティックケアプロフェッショナルスクールへの
お問い合わせ・資料請求・学校説明会・体験入学はお気軽にお問い合わせください。